九州健康堂

シモン芋で改善効果がある主な症状
糖尿病・高血圧・便秘・はじめ肝臓病・肝硬変・腎臓・慢性腎炎・十二腸潰瘍・胃潰瘍・ダイエット・白血病・膠原病・動脈瘤・脳障害・脳卒中・血小板減少症・紫斑症・緑内障・白内障・アトピー・喘息疾患・関節炎・再生不良性貧血・花粉症・皮膚病・神経痛・リュウマチ・ガンジダ膣炎・口内炎・貧血・各所のがんなど自然からの天然ミネラルなどの摂取し細胞活発化する。
clip_image002 
神戸新聞掲載
2000年7月14日
clip_image004 
壮快 
2000年12月号
 
● シモン芋の中には他の野菜などに比べ桁違いの天然のミネラルやビタミンA・E・Kや繊維質を多く含みこれらによって血液の浄化作用や腸内の老廃物除去する効果があります。
● 他にも多くのカルシュウムやナトリュウム、カロチン、ビタミンB2,C1,D1またシモン芋にはヤラピンを多く含み、腸内にいる善玉菌のえさとなり善玉菌を増やし腸内の働きを活発化し老廃物を除去して腸内を綺麗にします。ヤラピンにはシモン芋を輪切りすると白い液体が輪切りしたところからにじみ出ます。
  •  ブラジルのカイアポ地方では古くから止血や血液浄化と整腸作用の秘薬として珍重さ
れてきました。
以上のことで血液の浄化や老廃物除去などで絶大な効果があり医学会や薬学会、食品学会から大きな注目を集めています。
シモン芋の主要成分の一部
  • カリウム
カリウムの摂取は難しい、大変壊れやすく日常生活では不足がちなミネラルといわれている。それでもシモン芋には穀物の中でも群を抜いて含んでいる。血圧のバランスをとり、高血圧を防ぎ治す。脳に酸素を送り、頭の働きを活発にする。アレルギーの治療に役立つ。
 
● カルシウム
  丈夫な骨と歯をつくる。精神を安定させる。
貧血予防。疲労を防ぐ
 
  • ベーター・カロチン
体の免疫力を高め感染に対する抵抗力を強くし病気の回復を早める
老化促進を抑える。視力低下を防ぐ。
  • ビタミンK 
出血性の病気や出血時止血剤として用いられる。肝機能をよくする。天然のビタミンKはキャベツやレタス・ほうれん草などに多く含まれるがシモン芋の含有量は3倍以上はある。
  • ビタミンB2
  成長促進。健康な皮膚と髪をつくる。視力を増進させ目の疲労を軽減する。
● ビタミンB6
  肝臓と免疫のビタミンといわれ、神経と皮膚の様々な障害を予防する。このビタミンが欠乏すると脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などがおこりやすい。
● ビタミンB12
  造血に関するビタミン。赤血球を作り、貧血を防ぐ。神経細胞の働きを活発にし集中力、記憶力高め、精神を安定させる。
● ニコチン酸
  ナイアシンともいう。血液の循環をよくし健康的な皮膚を作り胃腸障害を緩和する。偏頭痛を防ぐ。
  • パントテン酸
  副腎の働きに不可欠。神経を安定させ、疲れをとる。
● レシチン
  代表的なリン脂質。脳、神経、肝臓、血球などの細胞の働きを活発にする。血中コレステロールを減少させ、動脈硬化の進行を抑える。ボケを防ぐ。
● 葉酸
  ビタミンMともいわれる。貧血を防ぐ。健康的な皮膚を作る。母乳の出をよくする。
● ビタミンC  
  壊血病を防ぐ。血中コレステロール値を下げる。カゼの予防と治療を助ける。鉄分の吸収を高める。ニトロソアミン(発ガン物質)の形成を妨げるなど、ガンを予防する。
  • ビタミンE
  強力な抗酸化剤。酸化を防いで、細胞の老化を遅らせる。血管を拡張し、血液の流れをよくする。
● ビタミンP
  毛細血管を強化する。感染対する抵抗力を作り強くする。
  浄血(血をきれいにする)・造血(血をつくる)作用、解毒作用、抗菌作用にすぐれる。
  • リン
  脂肪と糖類の代謝を促進し、エネルギーにする。
  • ヤラピン酸
善玉菌のえさとなり善玉菌を増やし腸を整腸、洗浄し、便秘を防ぐ
  • 食物繊維
  便秘を解消する。大腸がんを防ぐ。血中コレステロール値を下げる。
  • 酸可糖性糖タンパク(CAF)
  近年発見されたもので注目集めています。CAFはインスリンの分泌促進作用と作用改善効果、これによる血糖値の正常化という効果がある。
  シモン芋の皮の部分に2型糖尿病患者へプラセボ対照試験を行いいずれもインスリン抵抗性改善作用を通して糖・脂質代謝の改善効果が確認されて、しかも副作用が無いと発表された。